スキップしてメイン コンテンツに移動

意識の起源

解剖学・生理学では、系統発生的に古い脳である脳幹網様体が意識の賦活系(覚醒を維持する脳内の機構)であるとされている。
その中で意識が清明な時の思考の発火点は間脳あたりだったかな?と曖昧な記憶のまま。

その意識の発生はいつの頃なのかと、ふと、思う。

宇宙開闢

137億年前、宇宙開闢時、11次元が折りたたまれた(M理論)ポテンシャルエネルギーが解放され、その1プランク時間後に空間(宇)と時間(宙)、宇宙が現れる。空間は、インフレーションと呼ばれる光速を超えて加速膨張し、時間は、宇宙の変化を刻みはじめる。

物質と反物質

大量の粒子と反粒子は対消滅し、残った粒子が宇宙の物質の素となる。四つの力はまだ、一つのまま。粒子は質量を得て、やがてクォーク、陽子、中性子になる。宇宙誕生から約38万年後、宇宙が晴れ上がるまで、光も直進できずに散乱してしまう。
超新星爆発するまでは、鉄までの質量の元素しかなかった。
もちろん、物質だけの宇宙に、言語の精神などという概念もあろうはずもなく、有情の意識などかけらもなかったと思う。(言語ではなく、宇宙意識とか、人間原理みたいな話は、また別枠で)

L-アミノ酸

地球ができたのは46億年前、始めての生命誕生はその10億年後といわれている。地球の生物は、アミノ酸でもL-アミノ酸が使われる。そのL-アミノ酸の起源も地球内説(非対称な鉱物表面への選択的な吸着説、選択的結晶化説、地球の磁場に由来する説)、地球外説(中性子星などからの円偏光紫外線や、超新星爆発時の大線量β線(左偏極電子線)による不斉分解説)諸説いろいろある。

有情の誕生

哺乳類が誕生したのは6600万年以降、人類が誕生したのは、ほんの20万年前。
36億年前のバクテリアレベルでは、自他の別などないであろう。個体の識別すら難しい。
両生類の能所は、どうなのか、子孫を残すこと、捕食をすること、されること。
そのことによって、運動器官、感覚器官は洗練され、脳機能も発達していった?
脳の発達による、自他の識別、他の区別はあったのだろうか?
哺乳類には、自他の別がありそうだ。子孫を残すこと、捕食をすること、されること。
それら動物のものは、本能としての生存競争はあるが、
自然発生的に起こり、自然に終息していくもの。
自然の営みだと思うが、人間は、それを執着をもって行うことがある
このあたりの欲望、執着が、自他の別、能所の起源になるのだろうか?

2500年前

釈尊は己の執着を去れと説いた。




 

このブログの人気の投稿

維摩会 春秋館に出逢う前の話・参

愛子さまの会見 よかった! 昨夜の地震による被災者へのお見舞いのお言葉、また、ご成年を迎えたことについてお話、お声、表情を拝見して、理知的で明るい、素晴らしい成年皇族だと感じた。 ソファーでそのまま寝てしまうなんて、なんとも親しみを感じた。 スロースターター 諸事情あって、30歳を少し超えてから、それなりの収入を得るようになり、不満の少ない生活をしていた。 週末になると車やバイクで箱根詣、うだつが上がらない穀潰しで、趣味の人だった。 指紋にオイルの黒い跡が入るのは、ちょっと憚れたが、バイクや車のメンテをしていた。 モラトリアム そんな一見呑気そうに見える人生でしたが、心には寂寥感があった。 オーバーサイズのピストンリングを入れて首都高環状線の飯倉付近でエンジンがロックしてしまったバイクを汗だくになりながら背広姿が行き交う、大手町の官庁街を押しながら見上げた空に、このまま、なんとなく消費していく人生を過ごすのか…とふと思った。 行く道を見失ったのか。 そうではないと感じていた。 求めている道の歩み方がさっぱり分からなかった。 無気力のようであっても、なにか自分の人生に違和感を感じていた。 燃えるような憶いを、冷めたような気持ちのまま、ぼんやりとやり過ごすのか。 当時よくいわれていた「モラトリアム人間」だったのかもしれない。 小此木啓吾さんのシリーズ本はほとんど読んだ。 アイデンティティが確立できない。したくない。 甘えて無責任に、ニコニコと性格の鎧(character armor)で固めていたのだ。 アマチュア 友達には「あなたにはプロ意識がないのよ、アマチュアなのよ、結局のところ」 おお、痛いところを突かれてしまった。 シャーリー・マクレーンを勧めてくるあんたには言われたくない。 けれど、この熱量がある友人に導かれることになった。 維摩会 春秋館に出逢う前の話・陸 維摩会 春秋館に出逢う前の話・伍 維摩会 春秋館に出逢う前の話・肆 維摩会 春秋館に出逢う前の話・つづき 維摩会 春秋館に出逢う前の話

灌仏会 維摩会 春秋館にて

灌仏会 昨日は、維摩会 春秋館の灌仏会で三時間ばかり座った。 維摩会 春秋館では灌仏会に 座禅 を行う。 呼吸、姿勢を整え、集中していく。 開始、30分前ぐらいから、一礼して座について準備をしていると、10分前ぐらいになると整い、座りやすくなった。 本山、別院、名刹、禅宗のお寺で座ったことがあった。 宗派によって、座る向きが異なり、曹洞宗は面壁九年と云われるように、壁に向かって座る。 座蒲も曹洞宗は丸、臨済宗では四角で、 手は、印、叉手の重ね方が違っていたりする。 どちらのお寺でも参禅会では、初参加の時に座り方、作法を教えてくれる。 坐禅堂 維摩会 春秋館の他で、 私が座りやすいと感じたのは、冬は膝上まで雪が積もったお寺だった。 本山に次ぐ第二道場とのこと、750年以上の歴史がある。 永年にわたり、修行者が座っていたという場の力、後押しがあるのかもしれない。 そこに居た僧侶の友人に、誘われて真冬に座りに行った。 僧侶は、一炷香、お線香が燃え尽きる時間(四十分ぐらいか)座り、経行(きんひん)、歩く禅をされる。 友人からそのまま座っていてもいいよと言われていたので、私はそのまま、何時間か座っていた。 維摩会 春秋館は、経行を入れずに続けて座る。1時間、2時間、3時間があっと言う間だ。 終わった後、甘茶を頂いた。甘いお茶なの、これ?…じわっと甘くなってくる。 はじめての方も全員、三時間座り通した。 卓越した座禅の指導と仲間と一緒だから、座れるのだと思う。 あっ、それと場の力と後押し。 善き、時を共有させて頂きました。有難うございます。 一礼して終わる。  

克己心

己との闘い 格闘技は、口先だけでいくら俺は強いと言っても通用しない。 実際に相手と対峙するので己がそのままさらけ出る。 己に克つ心、逃げてしまう心、誤魔化しようがない。 なにもかもが、ありのままで、そのまま明快に因果が襲ってくる。 受けたり流したりしなければ、顔面や腹にガツンとくる。 顔面の直撃は意識を失いかけ、腹は、じわじわと効いてくる。 倒されて関節が曲がらない方向に力が加わる、痛い。 相手も必死、一分も経たないうちに息が上がる。 控えめな勇者 安全管理はされた上とはいえ、 明らかに不利な体格な者が勇猛果敢に強者に立ち向かう姿に感動する。 普段は控え目な感じだけれども、やる時はやる人なのだと敬服する。 気持ちで立ち向かう、本当に凄い。 稽古が終わると、前よりも仲良くなる。 心を晒した者同士、信頼関係ができる。 へなちょこな負け犬 若い時は、線も細くへなちょこだった私は殴り合いのけんかなどしたことがない。 殴り合う勇気はなかったので、口で言い負かせていたか、うまく立ち回り、逃げていた。 なにかの台詞だったか。 「負け犬とは負けた犬のことではない。 負けるのを恐れ、尻尾を巻いて逃げた犬のことだ。」 麦踏みのように 自己否定的でありながら肥大化した自我を持つ、ややここしい青春時代。 逃げていくより他に生きる術がなかったと思い込んでいた。 あの頃、ガツンと武道と出逢い、己と向き合うことが出来たのなら、 無為に時間を過ごすことなく短期間で自分を矯正できたと思う。 安静に 稽古でしこたま腿を蹴らた翌日、 職場の廊下の端っこを手すり伝いに静かに足を引きずりながら歩いていると、 何人かから声がかかる。 いや、ちょっと…静かに静かに歩く。 脱力して芯をだす もう、打撃系はしていないが、コロナ禍の前までは、合気道をしていた。 合気道では、力を抜くことを少し学んだ。力が抜けた方が中心がつかみやすい。 これが意外と座法の姿勢制御に役に立つ。