スキップしてメイン コンテンツに移動

白糸の滝

さて、昨日の続きだけれども、「七面山は江戸時代までご多分に漏れず女人禁制の山であったが、家康の側室、水戸黄門のお祖母さんのお万の方が白糸の滝で7日間身を清めて山に入って家康の冥福を祈願してから女人禁制が解かれた。その滝がここから車で10分ほどのところにある。近くの旅館に声をかけたら車を止めさせてくれるから、声をかけるように。その先にも男の雄と書いて雄滝があるからそこも行くといい」と高齢の方から伺った。石畳の赤沢宿の時代を感じる街並み、こんな急勾配にまっ平らに石を敷き詰め、さらに石積の土台の家を建てる技術は凄いと思った。白糸の滝に向かう道も極狭、5ナンバーがやっとだと思うが、先には旅館があると言う。どうやって建てたのだろうか。ましてや鎌倉時代に七面山の山頂に寺を建立は山の木は使わず、建材を登山道から上げてのこと、先人の熱意ご苦労は凄いことだ。
女人禁制を切り開いたお万の方もどのような方だろうか、想像もつかなかったが、白糸の滝を見て、凄さを感じた。先に「白糸の滝」と聞いていたので、水量が少ない白い糸のような滝だと想像していたが、落差は33mあり、降雨のせいか水量も多かった。お万の方の7日間の滝行はどれほどの憶いだったのかと思った。
着いて車を駐めた旅館に声を掛けたが昼時だったからか、応答がなかったので帰りに声を掛けた。滝行は自由にできるのか伺うと、この白糸の滝は、その旅館の土地だという。先の雄滝は、直ぐ脇の日蓮宗のお寺の土地とのことだった。
雄滝
雄滝に向かう途中、家内は、下が金属の網状で下が見えるのが苦手みたいだった。高いところがこわいという。でも絶対に落ちないと知っているでしょと聞くと、スキーもそうだけど、どうしても落ちるかもと思ってしまうとのこと。それよりも落石注意の立て札があったが、進むと小石が落ちている。大きな石が脇にあるので、それらは随分と前に落ちたものなのか。川の音が大きく、石が落ちて来ても気付けないかもと思った。
雄滝の方が落差が8m位少ないが、水量は、白糸の滝、雌滝よりも多かった。注連縄に幤、滝の前に張ってあり、修行場然としていた。

家からガイドブックを持ってきていたら、多分、こんな出逢いはなかっただろう。
感謝
 

このブログの人気の投稿

4時間離床すると嚥下機能を維持できる

離床時間と筋肉量 65歳以上の要介護高齢者90例を対象に離床時間と全身の筋肉量および摂食嚥下機能の関係を検討する横断研究を実施。 その結果、離床は摂食嚥下リハビリテーション(以下、リハビリ)として有効であり、 4時間以上の離床では摂食嚥下機能が保たれ、さらに6時間以上で全身の筋肉量が保たれることが示された。(東京医科歯科大) 最低4時間の離床で嚥下機能維持 飲み込むことと全身の筋力 摂食嚥下機能は、口腔周囲の摂食嚥下関連筋群だけでなく、背筋など体幹の筋肉量や筋力と関連することが知られている。 健常高齢者では、運動により体幹の筋肉や摂食嚥下関連筋群の機能低下を防ぐことが嚥下障害の予防と改善に役立つ。 しかし、日常生活動作(ADL)が低下した高齢者は、摂食嚥下機能を維持するための運動を行うことが困難であり、 看護師やリハビリ・介護職員の介助により身体を動かす機会も限られる。 摂食嚥下リハビリテーション学分野の戸原 玄教授談 「ADLが低下している要介護高齢者に対する摂食嚥下リハビリとして、離床の有効性が示された。 具体的な目標設定としては、離床時間が0~4時間では車椅子上で食事を取ること、4~6時間では食事や生活動作以外の余暇時間も車椅子上で過ごすことなどが挙げられる」と結論。 重力を味方に 口から物を食べることにはたくさんの筋肉が関与する。 身体を起こし、足、胴体で支え、重力に逆らい姿勢保持して体幹(コア)の筋肉を働かせる。 上顎の歯列を水平に保つように頭を立て、指、手、腕を使って食物をつかみ、口まで運ぶ。 顔面の筋肉で食物がこぼれぬように口を、頬をすぼめ、 上下の歯を道具に咀嚼筋(咬筋、側頭筋、顎の動きに関係する翼突筋郡、舌骨上筋群)を使い、下顎は、長楕円形のチューイングサークルを描きながら食物を切断し細かく砕く。 下顎骨は、両端に関節を持つ特殊な構造だ。ただ開閉の蝶板運動をするだけではない。 翼突筋郡に引かれ、顎関節窩内で、関節円盤を伴って前下内方にスライドして動く。 口腔内では、唾液で食物を濡らし、舌を使い塊にする。食塊を舌の背で口の奥に運ぶ、舌筋郡、頬筋などを使う。 喉の奥の口蓋や咽頭の周囲の筋群、食べ物を気管に入れないように甲状舌骨筋が喉頭蓋を閉じ、食道から胃に送る。 食事、嚥下することは動物の生命活動の基本。 実に巧みに多くの筋肉郡が連動して働く。 筋肉運

抜歯時にBP製剤を原則休薬しないことを提案

2023年7月5日、日本口腔外科学会などが結成した顎骨壊死検討委員会が「薬剤関連顎骨壊死の病態と管理:顎骨壊死検討委員会ポジションペーパー2023」(以下、PP2023)を公表した。顎骨壊死は、口腔粘膜が薄く、日常の咀嚼等で容易に感染しやすい環境下で発生する疾患である。 この問題の核心には、顎骨壊死に関与する骨吸収抑制薬(ARA)を、患者が歯科治療を受ける際に休薬すべきかどうか、という問題がある。PP2023では、ARA投与中の患者が歯科口腔外科手術を受ける際に休薬すべきか否かを深く検討している。 休薬が抜歯後の顎骨壊死発症率低下につながるかという問題については、いくつかの論文が存在するものの、休薬による利益を示す確固たる結果は得られていない。また、休薬の害として骨粗鬆症関連骨折の発症率の増加や生存率の低下を検討する論文は見当たらない。しかし、抜歯が延期された場合や休薬が長期化した場合のリスクは存在する。 その結果として、PP2023は原則として抜歯時にARAを休薬しないことを提案している。その一方で、ハイリスク症例でのごく短期間の休薬を完全に否定する証拠は見つかっていない。 また、PP2023では医科歯科連携の重要性を強調しており、医師と歯科医師、そして薬剤師との連携を強く提唱している。これら三者の連携は、顎骨壊死の予防には欠かせない要素であるとしている。( DI Online ) ポジションペーパー 2023

思いつく動物名の数で転倒リスク予測

岐阜大学大学院消化器内科学分野の研究者らが行った横断研究によれば、肝硬変患者はサルコペニアやフレイル、肝性脳症などの影響により、転倒リスクが高まることが示唆されています。この研究では、肝硬変患者94例を対象に1分間に動物の名前を挙げるアニマルネーミングテスト(ANT)を実施し、その結果と転倒および骨折歴との関連を調査しました。 研究によれば、ANTの成績が低い(中央値11 vs. 18、P<0.001)肝硬変患者は、転倒または転倒による骨折歴がある患者と比較して有意に多く、特にANTが11以下の場合には転倒や骨折のリスクが高まることが示されました。また、女性、KPSスコア(全身状態評価)、およびANTが独立して転倒と関連しており、骨折についてもANTが独立して関連していました。 これにより、ANTは肝硬変患者の転倒および骨折リスクを評価する際に有用であることが示唆され、ANTの利用が肝硬変患者のケアや予防に役立つ可能性があるとされています。( メディカルトリビューン )  --- 豹にトラにライオン、猿にオラウータン、チンパンジー、クジラにシャチに イッカク… 買い物ブギ?ジャングル・ブギ?状態になってきた。